So-net無料ブログ作成
検索選択

Rostelecom Cup 2014 [フィギュアスケート]

GPシリーズも4戦目。サプライズ待ってました~(*´▽`*)
女子シングルで今季シニア参戦したばかりの、本郷理華ちゃんが
SP2位から逆転優勝!スゴイスゴイ\(^o^)/

ネットでISUのLive Resultの表示が切り替わるのをドキドキしながら見てた・・・。
SP3位と出遅れたロシアのポゴちゃんがFS終わってトップに立ち、トップとの差が
113.××(←小数点以下忘れた)。理華ちゃんのSBがスケートカナダで出した、
112.37だったので、優勝するにはSBを上回る点数を出さなければトップに立つ事は
出来なかったのですが見事FS118.15とPB更新し、後に滑ったカナダの選手がFS3位と
振るわず、理華ちゃんGPシリーズ初制覇です。

           Rostelecom.jpg
                   【ガッツポーズ力強いわ~】

今回は金メダリストのアデリナちゃんがケガで欠場、スケートカナダで優勝したポゴちゃんも
調子がイマイチ。そこにスケートカナダで5位に入った理華ちゃんが無欲(←たぶん)の勝利
だったんだと思います。


背が高くて、ジャンプの迫力がピカイチ。腕の振りが「ブンブン」って感じなのと、猫背姿勢が
気にはなりますが、スケートカナダの時よりどちらも多少改善されていた感じがします。
スピンのポジションからして、ちょっと柔軟性が・・・。って感じかな?
全日本の結果にもよるけど、ひょっとすれば今シーズン世界選手権にも出れちゃうかも。
楽しみです。

          Rostelecom Cup.jpg

男子シングルではSP3位に入った、たかちゃんが久しぶりの台ノリか?と期待してたのですが
FSで4回転を失敗、その他のジャンプもいくつかトリプルがダブルになってしまい結果FS7位の
トータル6位。こちらはちょっとガッカリちゃん(´゚д゚`)
どこか故障しているのかなぁ?ジャンプが決まれば、滑りはとってもなめらかでキレイなんだけど
ここ数シーズン4Tに苦戦していて精彩に欠ける感じ。
男子は複数種の4回転が跳べないと、上位に入るのが厳しくなってきている状況なので4Tに
苦戦しているようだと、台ノリは遠いのかもしれません。
たかちゃんは全日本の結果次第で、ワールドの出場が危ういかも。
復活のたかちゃんを見てみたいですが、まっちーも無良くんも勢いあるからなぁ~。

今週末はTrophee Bompardです。日本からはまっちーと遥ちゃんがエントリー。
2人ともガンバレ~♪


ロステレコム杯の成ちゃん&龍一くんペアについて書くのを忘れてしまった、
あんじーなのでした。





おつかれさまでした [フィギュアスケート]

昨日、フィギュアスケートの村主章枝さんが現役引退表明。。。
2014年は引退する人が多くて寂しいわぁ~(´・ω・)

         SALTLAKE.png
                 【SALT LAKE CITY

アラサーの彼女「オリンピックにもう一度・・・」と思って頑張っていたのでしょうが、
近年は東日本の大会で上位に入れず、全日本に出場出来ない状況が続いていたので
フィギュアファンとしては、村主さんの結果を耳にするたび「なんだかな~」って思っていました。

トリノのFSは本人も納得の会心の演技だったけど、銅メダルのスルツカヤと僅か1.26差の4位。
素人目には、FSで転倒があったコーエンより演技がまとまってて良かったんだけど・・・。

正直トリノでメダルが取れていれば、ここまで現役生活を続ける事はなかったと思います。
それを考えると「ちょっぴり引退時期を逃した感」があって、いつ引退するのか気になってた。
ひょっとして40になるまで続けちゃう?と思ったけど、やっぱりそれは無かった。(;´∀`)

彼女の演技には、まっちー以上の独特な世界観があって、よく「村主ワールド」とか
「氷上のアクトレス」とかって言われるけど、本当に表現力が印象的だった。
コスチュームも人とはちょっと変わっていて、目の横にティアドロップ型のストーンつけたり、
パンツスタイルを取り入れたり、「演技のためなら何でもします」みたいなところあったっけ。

           F.Suguri.png

一番印象に残っているのは、2005-2006年シーズンの全日本選手権。
シーズン前半股関節の故障が影響して、五輪選考ポイントが最下位だったのが、
ポイント最終獲得の場で優勝し見事な逆転で、トリノオリンピック代表に。
あの時FSが終わって祈るように手を組んだ彼女の口元が「神様・・・。」とつぶやいた
シーンが今もしっかり心に残っています。

       2005全日本.png
                  【2005年全日本選手権表彰】

出来ればオリンピックといかないまでも、全日本の上位成績で現役生活に幕を下ろして
欲しかったのですが、本人も満足しての引退なので良し!としましょう。

ひとつ「ムムッ」と思ったのが、本人のブログに
「一般サラリーマン家庭でお金のかかるフィギュアを続けさせてくれて・・・」と両親へ感謝の
言葉があがっていたのですが、確かお父様は日本航空の国際線パイロット
一般と言うのとは、ちょっと違うかも?

今後は振付師として競技に関わっていくとの事なので、ご活躍をお祈りします。
長い間本当にお疲れ様でした。


書いてる途中で「プリン」が食べたくなった、あんじーなのでした。


GPシリーズカナダ大会&中国大会 [フィギュアスケート]

シーズン真っ只中で毎週末に大会が開催されていますが、先週のカナダ大会と
今週の中国大会をちょっぴり振り返り・・・。

先週のSkate Canada では、男子シングルでは無良くんが優勝、
さとこちゃんが3位と大健闘。
特に無良くんは本人も納得のFSでスコアが出るとキスクラで男泣き(*´Д`)
昨年大事なオリンピックシーズンに思うような結果が残せずに、本人も悔しい思いをしただけに
この優勝で自信も取り戻しただろうし、今後の活躍に期待です。

女子はSP4位からの追い上げで表彰台乗りした、さとこちゃん。
SPの可愛らしい振付とは違った、FSでは指先までしなやかでミス・サイゴンの音楽に合わせた
アオザイ風の赤いコスチュームがとってもお似合い。
16歳の頃の真央ちゃんは、勢いよく腕をブンブン振ってたけど、
さとこちゃんはとってもしなやか( *´艸`)ロシア娘達もそうですが、最近は若い子でも
振りが上手で本当に指先で表現出来てたりするから、ビックリです。
小さい背丈が災いしてかジャンプの回転不足を取られてしまいやすいのが、
ちょっぴり残念ですが技術がある選手なので、こちらも徐々に克服していくと思います。

    SCI.png

で、色んな事があった Lexus Cup of Chinaですが、まずは女子シングルから。
SPでトップに立った、リプニツカヤが順当に優勝するかと思いきやFSでらしくないジャンプの
ミスを連発しFS4位の総合2位。キスクラでは泣いちゃってました。
そして今シーズン勢いのある、リーザちゃんがSP2位からの逆転優勝。カナコは3位と健闘。

シニアデビューのシーズンを華々しく飾ったリーザちゃんですが、体型変化やケガがあり
2シーズン前と昨シーズンは成績が振るわず、挙句のはてにオリンピック代表からもれて
しまい随分と悔しい思いをしたのでしょうが、今シーズン滑るたびにPB更新と勢いはピカイチ。
ロシアの選手はどの選手も表現力がずば抜けていると思うけど、中でもリーザちゃんの表情は
レオノワ選手に匹敵するものが・・・。ふっくらして戻ってきたけど、軽々跳べるしスゴイ。
ファイナル1番乗りで、演技に一段と磨きをかけてファイナルに戻ってくるんだろうな~。

         トゥクタミシェワ.jpg

そして男子は6分練習の間にアクシデントがあったわけですが、結局2人とも棄権せずに
FSを滑りきりました。猛スピードで激突したのですから、相当なダメージを受けたと思います。
あの場は無我夢中だったので半ば強引に出たのでしょうが、終わって「ホッ」とすると同時に
あっちこっち痛みを感じて今頃は大変なのではないでしょうか?
強制的にストップをかけられないらしいので、最終的に本人の決断によるところであの状況では
誰も止められなかったのでしょう。終わってしまったことなので、もうどうすることも出来ませんが、
2人とも深刻なケガでなく、今後の選手生活を後遺症に苦しむことがない事を願わずには
いられません。
少なからず過去にも練習中の衝突事故は起きているので、ISUには安全性について是非
再検討して欲しものです。

この大会、男子も女子も銀メダリストがaward ceremonyに現れなかったらしいのです。
ゆづはあのケガなので仕方がないでしょうが、リプニツカヤはどうしちゃったのでしょう?
何でも表彰式の事を忘れて宿泊先に戻ったらしいのですが・・・あり?\(゜ロ\)(/ロ゜)/オロオロ

スケートとは関係ないけど、 Lexus と言えばアノCMにすっかり魅了されている
あんじーなのでした。(そのCMはコチラ ↓)

        

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。