So-net無料ブログ作成
検索選択

過去にハマった海外ドラマその⑥ 『フラッシュポイント-特殊機動隊SRU-』 [海外ドラマ・映画]

海外ドラマのほとんどが「偶然見て面白かったので続けて見る・・・」というパターンが
圧倒的に多いのですが、この作品もその1つ。

フラッシュポイント-特殊機動隊SRU-

     Flashpoint.jpg

なにせシーズン2の途中から見始めてハマってしまい、シーズン1へ逆戻って
見てしまいました(*´ω`*)

海外ドラマの中心と言えば、アメリカのTV局が制作したものが圧倒的多数を占める中、
このドラマはカナダ制作の作品です。

************************************************************************************************
【あらすじ】
オンタリオ・メトロポリタン警察内の精鋭、SRU
(STRAGETIC RESPONSE UNIT)戦略特殊部隊。
ユニット最大の任務は、犯人を含めたすべての人を無傷で救い出すこと。
人命に関わる事件が発生すれば現場へ急行し、限られた時間内で犯人を分析し交渉を行い、
心理・戦術面において最高のチームプレイでリスクを回避する。
追い詰められた犯人の心理状態、家族や犯人をとりまく人々、過酷な任務を遂行する隊員たち、
そこにはいつも、救われた者や救えなかった者それぞれの命のドラマが繰り広げられる。
*************************************************************************************************

警察ものなのですが、どちらかと言うとクライムサスペンスというより、
ヒューマンドラマ的な要素が盛りだくさん。
冒頭クライマックスシーンから始まり「〇時間前~」ってな感じでフラッシュバックして、
時間経過を辿るようなパターン。

ドラマの中のSRUは架空のユニットですが、実在する
Toronto Police Emergency Task Force(緊急機動部隊)がモデルになっていて、
ドラマの戦術監修には部隊に17年間従事した、マックネイリー氏が協力。
このドラマの制作のきっかけは、クリエーターが実際に2004年にトロントで起きた
人質事件のTV中継に影響を受けた事によるもので、Season1のエピソード1
「Scorpio(スコーピオ)」としてオープニングを飾っています。
(※ちなみにスコーピオは、ドラマの中で被疑者狙撃の許可Codeとして使われています)
メインキャストも1人を除いた他はカナダ人というこだわりよう・・・。

1話完結でとても見やすいこのドラマ、あんじーはFOXCrimeで放送されていたのを
見たのですが、日本ではTV放送もDVD化もSeason2までしかされてないツ!( ̄д ̄)
本国ではSeason5でシリーズフィナーレを迎えたので、日本でも最後まで放送して
欲しいのですが、なぜだろう…。よくわからないけど、放映権とか高いからかなあ?
そりゃー有名俳優出てなくて地味な番組かもしれないけど、
某「ジ〇ック・バ〇アー」のあのシリーズとかより、個人的には面白いと
思うんだけどなあ。


どうすれば続きを放送してもらえるのか、真剣に考えているあんじーなのでした。



     (えーっとコレ、USのドラマシリーズではないんだけど・・・。(;・∀・)
    13thStreet Universal Channelってどこ? オーストラリアのTV局?)

【フラッシュポイント-特殊機動隊SRU】 (原題:FLASHPOINT)

Canada Season1-Season5 2008/7-2012/12 75episodes CTV/CBS
日本での放送は
FOXCRIME PLATINUM Season1-2 2010/2-8


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。