So-net無料ブログ作成
検索選択
海外ドラマ・映画 ブログトップ
前の10件 | -

過去にハマった海外ドラマその⑥ 『フラッシュポイント-特殊機動隊SRU-』 [海外ドラマ・映画]

海外ドラマのほとんどが「偶然見て面白かったので続けて見る・・・」というパターンが
圧倒的に多いのですが、この作品もその1つ。

フラッシュポイント-特殊機動隊SRU-

     Flashpoint.jpg

なにせシーズン2の途中から見始めてハマってしまい、シーズン1へ逆戻って
見てしまいました(*´ω`*)

海外ドラマの中心と言えば、アメリカのTV局が制作したものが圧倒的多数を占める中、
このドラマはカナダ制作の作品です。

************************************************************************************************
【あらすじ】
オンタリオ・メトロポリタン警察内の精鋭、SRU
(STRAGETIC RESPONSE UNIT)戦略特殊部隊。
ユニット最大の任務は、犯人を含めたすべての人を無傷で救い出すこと。
人命に関わる事件が発生すれば現場へ急行し、限られた時間内で犯人を分析し交渉を行い、
心理・戦術面において最高のチームプレイでリスクを回避する。
追い詰められた犯人の心理状態、家族や犯人をとりまく人々、過酷な任務を遂行する隊員たち、
そこにはいつも、救われた者や救えなかった者それぞれの命のドラマが繰り広げられる。
*************************************************************************************************

警察ものなのですが、どちらかと言うとクライムサスペンスというより、
ヒューマンドラマ的な要素が盛りだくさん。
冒頭クライマックスシーンから始まり「〇時間前~」ってな感じでフラッシュバックして、
時間経過を辿るようなパターン。

ドラマの中のSRUは架空のユニットですが、実在する
Toronto Police Emergency Task Force(緊急機動部隊)がモデルになっていて、
ドラマの戦術監修には部隊に17年間従事した、マックネイリー氏が協力。
このドラマの制作のきっかけは、クリエーターが実際に2004年にトロントで起きた
人質事件のTV中継に影響を受けた事によるもので、Season1のエピソード1
「Scorpio(スコーピオ)」としてオープニングを飾っています。
(※ちなみにスコーピオは、ドラマの中で被疑者狙撃の許可Codeとして使われています)
メインキャストも1人を除いた他はカナダ人というこだわりよう・・・。

1話完結でとても見やすいこのドラマ、あんじーはFOXCrimeで放送されていたのを
見たのですが、日本ではTV放送もDVD化もSeason2までしかされてないツ!( ̄д ̄)
本国ではSeason5でシリーズフィナーレを迎えたので、日本でも最後まで放送して
欲しいのですが、なぜだろう…。よくわからないけど、放映権とか高いからかなあ?
そりゃー有名俳優出てなくて地味な番組かもしれないけど、
某「ジ〇ック・バ〇アー」のあのシリーズとかより、個人的には面白いと
思うんだけどなあ。


どうすれば続きを放送してもらえるのか、真剣に考えているあんじーなのでした。



     (えーっとコレ、USのドラマシリーズではないんだけど・・・。(;・∀・)
    13thStreet Universal Channelってどこ? オーストラリアのTV局?)

【フラッシュポイント-特殊機動隊SRU】 (原題:FLASHPOINT)

Canada Season1-Season5 2008/7-2012/12 75episodes CTV/CBS
日本での放送は
FOXCRIME PLATINUM Season1-2 2010/2-8


途中で挫折した海外ドラマ(後編) [海外ドラマ・映画]

早速、前回に引き続き「挫折」したドラマを振り返ってマトメテみたいと思います。
(既に振り返ったドラマはコチラhttp://angelina-vanilla.blog.so-net.ne.jp/2014-10-11


3). 『プリズンブレイク』 (原題:PRISON BREAK


         PRISON BREAK.png

日本でも「24-TWENTY FOUR-」「LOST」と並び爆発的ヒットとなった
知名度の高いドラマで、先に述べた2作品同様、いわゆる1話完結ではなく「連ドラ」もの。
(もしかして、挫折の原因は「連ドラ」なのか?(;´∀`))  

天才建築家として将来を約束されたマイケル(ウェントワース・ミラー)は、
副大統領の弟殺害容疑で死刑判決を受けたが無実を訴え続けている兄を救うため、
刑務所の設計図をタトウーにして全身に彫り綿密な脱獄計画を練って罪を犯したうえ、
兄が収監されている刑務所へ送られるように自ら仕向ける。
刑の執行まで残された時間は30日。完璧と思われた計画だったが、予期せぬ障害が次々と
邪魔する中で、時間だけが刻一刻と正確に時を刻んでいく…。

いや~~~それはそれはハラハラ・ドキドキの連続だし、面白いです。
それぞれに強烈な個性の囚人たち、執拗なまでにマイケルを目の敵にする
悪徳刑務官や兄を陥れた陰謀関係者に副大統領までがからみ、おまけにFBIまで相まって
次のエピソードが気にならないわけがありません。
なのに、Season2の2話で挫折 (。´・ω・)ん? どーゆーこと?

だってもう『プリズンブレイク』しちゃったしー。
タイトルとなっている「脱獄」は一応season1のフィナーレで達成!
最後で国外脱出用の飛行機に乗り損なってしまいseason2で追われる身となってしまったマイケルたち。
え~っと、だったらタイトル『The Fugitive(逃亡者)』じゃないですかぁ?
(あったよね、ハリソン・フォード主演のそんな映画
脱獄まででお腹一杯になったあんじーは、完全に消化不良を起こしたのでした。
        
PRISON BREAK(2005-2009/Season1-4)
PRISON BREAK: THE FINAL BREAK (2009 /TV movie)
PRISON BREAK: PROOF OF INNOCENCE /Spin-off series
(2006/made exclusively for mobile phone (26 episodes-2minutes per episode)



4). 『デッド・ゾーン』 (原題:THE DEAD ZONE)
                           
            The Dead Zone.png

スティーブン・キングの同名小説「デッド・ゾーン」がベースとなっている作品ですが、
いかにもキングと言った「ホラー」系とは少し違います。

田舎町の高校教師ジョニー(アンソニー・マイケル・ホール)は自動車事故に巻き込まれ
重傷を負い植物状態となってしまう。2度と目を覚ますことがないと思われて6年の歳月が流れた。
そんな彼が突然昏睡状態から目覚めると、触れたものの過去や未来が「ヴィジョン」として見える
超能力が備わっており、担当医は事故によって今まで使われていなかった脳の領域
「デッド・ゾーン」が働き出した事に起因すると推測した。
だが変わったのは特殊能力を身に着けたことだけでなく、彼を取り巻く世界も一変していた。

起きていても6年経てば周りはすっかり変わっているのに、寝てればそりゃあ浦島太郎だわ~。(´゚д゚`)
唯一の肉親だった母親はすでに他界、婚約者のサラはジョニーの子供を出産して別の男性と結婚。
おまけにサイキックとなってしまった事で人との接触に恐怖を感じてしまう、
なんて「踏んだり蹴ったり」な主人公。
そんなジョニーが次第に介護人ブルースに心を開き友好関係を築く様子や、サラと彼女の夫や
息子も含めた人間関係が微妙で切ない。
自分のパワーをいかにコントロールして利用するかに悩み葛藤する日々が描かれ、そして基本1話完結。
それらが見事にツボにハマって夢中になってみていました(*´▽`*)
それなのにSeason2終了と同時に挫折

・・・と言うのも、なんだかストーリー展開が苦手な方向へと進みそうな感じだった。
「世界崩壊=ハルマゲドン」とか、ある日現れる謎の男が「未来からやってきた人」とか、
極め付けが「ジョニーの恋愛事情」。サラ一筋のジョニーでいて欲しかったのに~( ̄д ̄)
そんな理由でもういいかなって思ってしまいました。

THE DEAD ZONE(2002-2007/Season1-6)

せっかくマトメテみたのに、結局コレと言った「挫折」の共通点は見つける事が出来なかった
あんじーなのでした。



途中で挫折した海外ドラマ(前編) [海外ドラマ・映画]

海外ドラマと言えば容赦なく「打ち切り」が多いので、毎年更新シーズンには
お気に入りの作品が更新されるかドキドキします。

制作側がそうであるように、たとえ世間でどんなに人気があっても、
数々の賞を受賞したとしても、あんじー的にツボにハマらなければ視聴を「打ち切り」する訳で・・・。
ただ、容赦なくと言うよりは「後ろ髪を引かれつつ」
打ち切りと言うより、正確には「挫折」なんですけどね。( *´艸`)

そんな作品をちょぴっとマトメテみました。


1). 『24-TWENTY FOUR-』 (原題:24)

           24-2.png

言わずと知れた、キーファー・サザーランド演じるジャック・バウアー捜査官とテロリストとの戦いを
メインに描いた世界的に大ヒットしたドラマです。

ジャックや彼の同僚そして家族ほか、いくつかの出来事が同時進行し
1話1時間の全24話(=24時間)で完結する・・・って斬新なアイディアってSeason1の頃は
思っていたのですが、なにせ1日に起きる出来事にしては盛りだくさんだし、
だんだん見ているうちに1話が1時間とは思えなくなってきた。

それに、ジャックが
【最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせる、最も不運な男であり、簡単には死なない不死身の男】がキャッチフレーズの
『ダイ・ハードのジョン・マクレーン刑事(ブルースウィルス)』と被ってしまい、
Season4の第1話で挫折

『24』 (2001-2010/Season1-8)
24: Redemption(2008/TV Movie)
続編 24 Live Another Day(2014/5/5-2014/7/14)

24 Live Another Day Trailer




2). 『LOST』 (原題:LOST)

            LOST-2.png

数々の作品を手掛けている、J.J.エイブラムスの制作・監督・脚本。
本国アメリカでは、エミー賞やG.G.賞をはじめ数々の賞を受賞し評価の高い作品。

シドニー発LA行きオーシャニック815便が南の島に墜落した、生存者は48人。
その中の数人に焦点が当てられ、島での不可解な出来事や謎めいた彼らの過去が
描かれるのですが、摩訶不思議すぎてついて行くのが大変。
急に登場人物の過去シーンとか交錯して、「ああ、また過去振り返る・・・。」ってな具合。
それぞれが過去に罪を犯していて、いわゆるキリスト教の贖罪ほか
ストーリーに宗教的テーマが含まれていたのも身近でないので、ハードル高くてう~ん。(´゚д゚`)

そのうち、頭がグルグルしてきて「これ以上見なければ謎が深まらない?」と思い、
Season2の2話で挫折
メインキャラクターの1人が過去にロトで当てた番号「4 8 15 16 23 42」の数字が
度々出て来るのですが、途中挫折したので、この数字がなんだったのかは謎のままです。

『LOST』 (2004-2010/Season1-6)


ハマりのツボとは一体何・・・?と改めて思い返してみる、あんじーなのでした。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過去にハマった海外ドラマ その⑥ 【ゴースト~天国からのささやき】 [海外ドラマ・映画]

我が家でもCS放送でFOX TVが見られるようになった頃、何気なくつけたドラマ
「ゴースト~天国からのささやき」
海外ドラマは断然”字幕派”なのですが、最初に見たのが”吹き替え版”だった事もあり、
そのまま吹き替えで視聴。
地上波以外の視聴で最終話まで吹き替えで見たドラマはこれが初めて。
(てか、コレだけ?)
字幕でなかった事と「ゴースト」とタイトルについているせいか、ホラー好きな母が勝手に
自分の中で「ホラー」と位置づけしたようで、かなりツボにハマったみたいで
『母、見事海外ドラマ最終話まで初完走!』しました。\(^o^)/

    ゴーストS4.jpg

*******************************************************************
【あらすじ】
メリンダ・ゴードンは親友のアンドレアとアンティークショップを経営し、夫のジムと新しい
生活をスタートしたばかり。
そんな彼女には幼いころから、この世に心残りがある死者の魂と話すことが出来る
特別な能力があった。生前愛する人たちに伝えることの出来なかったメッセージを
抱えた霊たちが、次々とメリンダのもとへ救いを求めて現れる。
彼女自身も、どうして人と違った能力が備わっているのか全く分からないまま、
霊たちの心残りを解決すべく手助けし、彼らを心安らかに眠ることができる場所へと
導き、悲しみを抱えたまま遺されてしまった家族や恋人たちを心安らかな日常へと
導いていく・・・。
なぜ自分にこんな力が与えられたのか・・・?メリンダは時に恐怖に立ち向かい
ながらも、さまよえる霊たちと真摯に向き合う。

********************************************************************

主人公のメリンダ役は、映画「ラストサマー」のジェニファー・ラブ・ヒューイットが
演じていて、制作にも携わっています。それから、このドラマはアメリカで最も有名な
霊能力者の1人であるジェームズ・ヴァン・プラグの実話を元に制作。
彼も共同製作総指揮として参加しているため、現世に心残りのある霊たちの思いと
遺された人たちの悲しみがリアルに描かれています。
基本的に1話完結でシリーズを通して、メリンダの不思議な力の謎などが徐々に
暴かれていきます。
このブログで以前に紹介した、トゥルー・コーリングとこの辺りは似てるかなぁ・・・。
(詳細はココ↓)
http://angelina-vanilla.blog.so-net.ne.jp/2014-01-30

ただ、トゥルーの場合は不慮の死を遂げた死者を蘇がえらせるんだけど、
メリンダは彷徨える魂を安らかに天国へ導くのでストーリーの根本は全く違う。
ドラマの中で天国は「光」にたとえられていて、メリンダは彼らを光の中へと
進むように導くのですが、ストーリーが進むにつれ中には、光の中へとは進まず
影と分裂してしまったりする霊もチラホラ。
個人的には、Season1の21-22話とSeason4の6-8話が衝撃的だった。
(あまり書くとネタバレなので)
しょっぱなのSeason1のEp1には、「プリズンブレイク」マイケル役の
ウェントワース・ミラーが出演しています。
メリンダの良き理解者である夫のサムが魅力的キャラなのはもちろん、
Season2からアンティークショップを手伝う事になるデリアや考古学教授のリックが
いい味出してますよん。( *´艸`)

光の中へと旅立つ者、そして現世に遺される者。両者の様々な思いが交錯する中で、
メリンダがそれぞれに真摯に向き合い、気持ちを癒していく様子をとおして描かれる
大切な人との絆や愛が感動的で、正直結構泣ける作品です。

ただ残念ながら、こちらもシーズン5で打ち切り終了。
このドラマをとっても気に入っていた母から未だに
「続きはいつ始まるの?」とたびたび尋ねられて、本当に困ったちゃん。

まだ見ていない方は、今度のお盆休みにシーズン1-5全107話までレンタルで
イッキ見なんてどうでしょうか?とってもおすすめです。


   【こんなオープニングだとホラーと間違えるのも無理ないかも・・・ちょっと怖い】



海外ドラマって意外と「スピリチュアル系」って多いなぁと、改めて思ったあんじーなのでした。


Ghost3.jpg

【ゴースト 〜天国からのささやき】(原題:GHOST WHISPERER)
USA
September 23, 2005 -May 21, 2010 CBS 107episodes
日本での放送 FOXでは
Season1 2008年 7月-22 episodes
Season2 2008年12月-22 episodes
Season3 2009年 5月-18 episodes
Season4 2010年 4月-23 episodes
Season5 2011年 4月-22 episodes
ほか、日テレ系やD-Lifeでも放送


唯一苦手な海外ドラマ [海外ドラマ・映画]

海外ドラマで苦手なのが、『シットコム(シチュエーション・コメディ)』
そう!観客の笑い声や拍手が入るアレ。
周りから「どひゃひゃっ、うっひゃひゃっ」o(⌒0⌒)o ・・・と笑い声が聞こえてきても、
なんだか妙に笑えないし微妙。しかもアノ笑い声が、吉本新喜劇を彷彿とさせるような感じだし。
シットコムドラマで見ていたのって、「奥様は魔女」ぐらい。
なにせ小さい頃に見たので「アメリカのドラマって笑い声が入るんだぁ」と当時は素直に思って
見ていただけです。

よく、海外ドラマで英語勉強するなら「フルハウス」とか「フレンズ」がオススメという言葉を
耳にしますが、そんな理由でどちらのドラマもまともに見たことがありません。
(だってフルハウスやフレンズ以外でも勉強できるし・・・ブツブツ( ̄^ ̄))

フレンズはブラピの元奥さんが出ていて、コートーニー・コックスがあの俳優アークエット一家の
末っ子デヴィッドと結婚して、コートーニー・コックス・アークエットになった時に、
オープニング映像のクレジットで、キャストとスタッフ全員の名前の最後に「アークエット」が
付け足されたという、どーでも良い様な事は知っているけど、正直ドラマのストーリーは
全く知りません。10年も続いたドラマなのにねぇ~。
そんな、あんじーですが「フレンズ」でハマってしまったのがテーマ曲。
まっ、偶然好きな曲がオープニングだっただけですが。アハッ( ̄∀ ̄*)

ノリが良くて、元気になれる~♪に加えて歌詞もなかなか。
なぜかこの曲は、掃除機をかける時のテーマソングとなっています。

  
   【The Rembrandts(ザ・レンブランツ)-「I'll Be There for You」】

So no one told you life was gonna be this way
Your job's a joke, you're broke, you're love life's D-O-A
It's like you're always stuck in second gear
Oh when it hasn't been your day, your week, your month,
or even your year, but
I'll be there for you (when the rain starts to pour)
I'll be there for you (like I've been there before)
I'll be there for you (cause you're there for me too)

誰も人生がこんなだなんて教えてくれなかった
くだらない仕事で、一文無し 恋だってすでに終わっちゃってるし
いつもセカンドギアのまま身動きできない感じ
ついてない日が何日も、何週間も、何カ月も、いや何年も続いても
僕は君の味方さ(どしゃぶりの雨が降ってきても)
君についているよ(いつもと同様に)
君のそばにいるよ(なぜって君も僕にそうしてくれるから)

そして同じ「I'll Be There for You」なのですが、こちらはFlorida State Universityの
アカペラグーループ『All-Nighit Yathzee』のパフォーマンスです。
上手いわ、笑えるわでお気に入りっ。画質はイマイチですが、ぜひご覧あれ~~~(゚∀゚屮)屮

   

掃除機の音に負けないぐらいの音量で、「I'll Be There for You」を熱唱して、
ストレス発散している、あんじーなのでした。



過去にハマった海外ドラマ その⑤ 【F.B.EYE!!相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿】 [海外ドラマ・映画]

ダーク・エンジェルの後番組だった事もあり、そのままの流れで見始めた
「F.B.EYE!!相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿」
このドラマが、またも我が家ではブームとなりました。なぜなら・・・
リーヴァイという名前の聴導犬(G.レトリバー)が出ているのですが、めちゃめちゃ可愛い♡♡
犬好きなあんじー家は、すっかりこの犬の虜になってしまいました( 〃∇〃)

**********************************************************************************************************************
【あらすじ】
幼い頃から聴覚障害があったスー・トーマスは、会話、手話、読唇術を身につけ、
ピアノとアイススケートも習った。それは彼女の母親が、スーが将来立派な女性として
独り立ち出来るようにと、意図したものだった。スーが充実した生活を送れるように母は奮闘し、
同時にスーの人一倍の努力で、発声も障害を感じさせないほどの口話法を体得し、
これまでハンディを克服してきた。そんな努力の甲斐あって、念願だったFBIの仕事に
就くことなったスー。
オハイオの自宅からワシントンへと向かった彼女は途中、聴導犬リーヴァイと出会う。
着任後「特別任務」に割り当てられたが、それは特別任務とは名ばかりの指紋照合などの
地味な仕事ばかり。障害者に雇用機会を与えるための特別な仕事に疑問を感じたスーは、
人事部へ抗議に出向く。
偶然そこで出会った、ジャック・ハドソン捜査官に読唇術を高く評価されたスーは、ある捜査への
協力を依頼される。容疑者の会話を見事に読み取ったスーは、事件解決へと大きく貢献し、
次第に周囲からの信頼を得ていくことになる。

**********************************************************************************************************************
まっ、一言でいうと「聴覚にハンディキャップを持ったヒロインがFBIの捜査官となり、
"聴導犬"と共に最前線で活躍し、事件を解決していく話」ですが・・・。
実はこのドラマ、Based on a true storyでして、読唇術を駆使して活躍したという実在する
FBI捜査官スーザン・トーマスがモデルなんです。
そしてヒロイン、スーを演じるチャーミングな女優、ディアン・ブレイも聴覚障害者です。

FBIもの(←そういうカテゴリーってあり?)となると、血生臭い犯罪がらみで重たい雰囲気の
クライムサスペンスが普通なのですが、このドラマはスリリングな場面はほどほどで、
どちらかと言うとスーを迎えたチームの戸惑いや理解、事件を通して出会う人々とのやり取りが
重視された、痛快で爽やかなヒューマンドラマといった感じです。
スーのチームメイトは、それぞれに個性的でハマり要素満載だし、なにより聴導犬リーヴァイ役の
ジェシーの愛らしさも犬好きにはたまらない。
そしてシーズン1や最終話には、スー・トーマス本人もゲスト出演しています。

     
          【このプロモ見ると思わず電話してしまいたくなる・・・】

さてさてこのドラマ、地上波(テレ朝)での放送が数話で終了してしまい、
どうしても続きが見たかったので、DVD購入を決意するもシーズン1のBOX1st Halfが
どこを探しても見当たらず、途方にくれていたところ近所の中古ショップで発見。
中古にしては、それほど安価ではなかったのですが、迷ったあげくお買い上げ。
そもそも数量限定生産だったみたいで、あまり流通しておらず現在では中古品がネットで
高額取引されていて、ビックリΣ(゚Д゚; 
しかも、日本でDVDはシーズン1しか発売されていません。
どうせなら2・3もDVD化して欲しかった。
と言うのも、その後BSジャパンやCSでも放送されてはいるのですが、「吹替版」。
字幕で見たい。主人公スーの吹き替えは雨蘭咲木子さん。
多数の作品で吹き替えされていますが、どうしても「ダーマ&グレッグ」のダーマが
印象にあり過ぎて、正直ちょっと・・・・ ( ̄▽ ̄;)
2014/4/14~「AXNミステリー」での再放送が予定されているようです。
またしても残念ながら字幕ではなく、二カ国語放送。

ここはひとつ今回は気合を入れて「副音声」での視聴にチャレンジしてみる所存の、
あんじーなのでした。

     
       【Jessica Andrewsが歌う"Who I Am"がSooo Good♪

     SueThomasDianeBray.jpg
       【SueThomas and DeanneBray】 

     Sue cast.JPG

「F.B.EYE!! 相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿」(原題:Sue Thomas F.B.EYE)

US PAX TV
Season1 2002/10-2003/5 18 episodes
Season2 2003/10-2004/4 19 episodes
Season3 2004/10-2005/5 19 episodes
日本での放送
テレビ朝日 2003/1-2 Season1の4エピソードのみ

      

『ブラックリスト』視聴開始♪ [海外ドラマ・映画]

有料放送の視聴契約をしている中で、ほとんど見ていなかった「スーパー!ドラマTV」
つい先日まで、アンテナの不具合で映らなくなっていたことにさえ気づいていなかったし。
でも今回、アメリカで話題になっている「ブラックリスト(原題:The Blacklist)」
放送されると言うことで、先週からこのドラマを見始めました。

          BLACKLIST2.JPG

スパドラでは現在第2話が放送中ですが、なかなか面白いです。
とにかく次のエピソードが早く見たいっ。ε=ヾ(*・∀・)/ 
と言うのも、基本1話完結ですが、全体を通して謎が徐々に暴かれるパターンに
なっているので、早くスッキリしたい感じ。

**********************************************************************************
【第1話あらすじ】
世界中の犯罪者たちの裏取引に協力し、「犯罪コンシェルジュ」と呼ばれる男
レイモンド・レディントン(通称レッド)。もともとは海軍のエリートだったが1990年に失踪し、
4年間の潜伏後 裏社会のフィクサーとなっていた。
自身も国際的な最重要指名手配犯である彼が、突如FBI本部に出頭してきたのだ。
しかも出頭の目的が、死亡したと思われていたテロリストのザマニの情報を提供し、
逮捕に協力するという。
ただし、彼がFBIに突きつけた条件はアカデミーで訓練を終え配属されたばかりの
新人捜査官エリザベス・キーンを担当にするということだった。
何も知らないエリザベスの家にはFBIからの迎えが急行し騒然とする。
こうして彼女にとって最悪の初日が幕を明け、テロリストを阻止するための危険な
戦いがスタートする。
だが、レディントンが持ちかけた話はコレだけではなかった。
テロリストのザマニはレディントンが持つリスト(=ブラックリスト)に載る最初の一人にすぎない。
リストには、FBIもCIAもその存在すら知らない凶悪犯罪者たちの名が挙がっており、
今後もエリザベスがパートナーとなるのであれば情報を提供し、彼ら全員の逮捕に
協力するという。 一体、レディントンの持つ情報とはどんなものなのか?
そして、面識すらないはずのエリザベスをなぜ指名したのか?彼の真の狙いは何なのか…。

*************************************************************************************
    
    

この「ブラックリスト」は、2013年9月より全米ネットワークNBCにて放送スタートし
2014/1/27時点で14話までが放送されています。本国で好調なスタートを切ったこのドラマは、
放送2話目という異例のスピードでフルシーズン22話を制作・放映することが決まりました。

FBIの最重要指名手配犯の"レッド"を演じるのは、ジェームズ・スペイダーです。
ジェームズ・スペイダーと言えば、
映画『セックスと嘘とビデオテープ(Sex, Lies, and Videotape)』で
カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。
TVシリーズでは、『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』とスピンオフ作品である
『ボストン・リーガル』でアラン・ショア役を演じ、両方でエミー賞の最優秀主演男優賞を
受賞した事は広く知られている彼。

そんな彼の「ブラックリスト」での変貌にビックリ!
ドラマ冒頭FBIに丸腰で出頭してきた時、かぶっていた帽子をとるシーンがあるのですが、
ジャーンΣ( ̄ロ ̄lll) なんとスキンヘッド。
加えて時々見せる、不気味な笑みがなんとも「一体どんな真相が隠されているんだろう?」と、
ドラマにより一層引き付けられるところ。
もともとは美形俳優だったのに、いつの頃からかポッチャリ体型になってしまって、あーっ残念。
しかし、あのなんとも言えない優しげな目元についつい惹かれちゃうんですよね~~~♡

    JS.JPG
       【若き日の彼が・・・】   【いつの間にかこーなって】       【それでこーなる】

ドラマの展開と、ジェームズ・スペイダーの目元にすっかり釘付けになっている、
あんじーなのでした。


過去にハマった海外ドラマ その④ 【トゥルー・コーリング】 [海外ドラマ・映画]

新聞のテレビ欄で偶然目にした文字 『(新)トゥルー・コーリング』
(新)って付いてるって事は、今日スタートなんだぁ~(・0・*)しかも深夜で2時間放送?
タイトルもカタカナだし、コレは海外ドラマで間違いないでしょっ。と思い録画予約。

その頃は、ドラマのストーリーやキャストの情報を知らないまま、行き当たりバッタリで
見始める事がほとんど・・・。
(今でもあまり事前に情報収集しないで見る方が多いですが)
またも偶然な感じで、見始めることになったこのドラマ。
まったく予備知識が無くて見たので、見始めた直後は「何コレ?ホラー系」と思いました。
それもそのハズ、ストーリーが・・・。

************************************************************************
【あらすじ】
トゥルー・デイビーズはボストンに住み、大学卒業後には病院で研修生となる予定だったが、
ひょんなことから死体安置所(モルグ)で働くことになってしまう。
勤務の初日、トゥルーはある不思議な体験をしたことにより、自分が特殊な能力を
持っていることに気づく。
それは、彼女には死を迎えたばかりの人達の叫び声が聞こえ、無念の死を迎えた者が
彼女に「助けて」と救いを求めると時間が逆戻りし、その日の朝を再び迎えるということだった。
そして、死ぬにはまだ早すぎる人達の人生最後の1日を、トゥルーだけが、やり直す事が出来る。
つまり、彼らが今日死ぬという事実を知っているのも彼女だけで、時には弟のハリソンや
モルグの所長デイビズの助けを借りながら、彼らの死を未然に防ごうと奮闘し走り回る。

************************************************************************
だって安置所で、死体がいきなりトゥルーに「Help me!」って言うんだもん“(*>ω<)キャーッ。
てな訳でエピ1では、ビックリしてかなり怖かった。
でもエピ2からは、「来るぞー言うぞー」って心構えが出来ていたので大丈夫だったけど。

     

主人公のトゥルーをドラマ「バフィー~恋する十字架~」や映画「チアーズ」の
エリザ・ドゥシュクが演じています。
(↑発音はイライザが近いけど、スペルのせいか?カタカナ表記はエリザの方が多い)

トゥルーを取り巻く人物達もそれぞれに魅力的。
中でも弟役のハリソン(ショーン・リーブス)がイイ味。
自由で楽天家のハリソンは定職にもつかず、根っからのギャンブル好き。
いつも負けてばかりのトラブルメーカーなんだけど、なぜか憎めない典型的な弟キャラ。
トゥルーが最も心を許せる相手で、正義感溢れる彼は時には自らの危険を省みず
暴走してしまうことも。そんな、ハリソンはSeason1終盤のキーパーソンです。

そして、トゥルーの親友で一時期ハリソンとも付き合うことになるリンジー役は、
今や「クリミナルマインド」のJJ役で知られる、A.J.クック。
生きている人間と話すのは大の苦手の上司デイビス(ザック・ガリフィアナキス)は、
トゥルーの良き理解者。

途中からトゥルーの同僚となる、ジャックには実はトゥルーと同じ能力があり、
トゥルーの父親リチャードから指図を受け、トゥルーの行動を邪魔している。
なんとその父親は、トゥルーが子供の頃に強盗に襲われて亡くなった母親の
殺害を命じた張本人。
そして、ジャックを演じるのは「ビバヒル」のブランドン役、ジェイソン・プリーストリーです。

途中メレディスという名の、トゥルーとハリソンのお姉さんが登場します。
弁護士なのに、麻薬常習者。数回登場した後はドラマから完全にフェイドアウトしていました。
一体何の意味があったんだろう? ヽ(-_-;)ノ

     
  (主題歌はFull Blown Rose"Somebody Help me"
   日本ではなぜか、エンディングが土屋アンナのカバーバージョンだった・・・)   

基本的には、1話完結のストーリーなのですが全編を通して、トゥルーを巡る謎が
徐々に暴かれていきます。
しかし、残念なことにこのドラマもシーズン2の途中で視聴率低迷により打ち切り。
その為、中途半端な終わり方で完結せず多くの事が謎のままです。
それでも1話ずつの完成度が高く十分面白い内容なので、まだ見ていない方には、
絶対オススメの作品です。

それにしても海外ドラマは『打ち切り不完全燃焼パターン』が多いと、
ついついため息が出てしまう、あんじーなのでした


Tru Calling.JPG
【トゥルー・コーリング 原題:Tru Callig】
USA
Season1 2003/10/-2004/4 Fox 20episodes
Season2 2005/ 3/-2005/4 Fox 6episodes
日本での放送はTV局によってスタートが異なります。
あんじー地方では 2005/8~26話でした。

過去にハマった海外ドラマ その③ 【ダーク・エンジェル】 [海外ドラマ・映画]

地上波の海外ドラマと言えば、早くても23時~とか深夜放送が多く、ほとんど録画視聴がメイン。
そんな中、唯一2000年前半にテレ朝系でゴールデンの時間帯で放送されていた
『ダーク・エンジェル』
しかも、確かシーズン1の初回と最終2話分は「日曜洋画劇場」で
放送された覚えがあります。すごいっつ!

このドラマに、あんじー家では家族みんなでハマっていました。
両親はこのドラマをタイトル(そもそも覚える気もなかったと思うけど)ではなく、
「バーコードのやつ」って呼んでいました。 ( ̄▽ ̄;)
それと言うのも、主人公のマックス(ジェシカ・アルバ)はジェネティック(遺伝子操作人間)で、
個体識別番号のバーコードが首にあるのです。
どうもそのインパクトが強かったみたいで・・・。

「ダーク・エンジェル」は、巨匠ジェームズ・キャメロン監督の構想15年に及んだ作品。
監督自ら「映画という枠(2時間)では、もはやこのドラマは語れない」とTVシリーズ化。
しかも、パイロット版(*注1)の制作だけで当時のTV史上最大13億円という巨額な
費用を投じ、FOXの歴代視聴率1位を獲得した話は、有名なところ。

(*注1)・・・パイロット版とは連続ドラマの制作にあたり、放送局、スポンサーおよび
制作側の代表会議の後に作られる1話分の作品のことで、後日試写が行われ内容の
手直しや今後連続放送するか否かの判断材料となる作品。


     (またも画像がイマイチですが)
   
***************************************************************************************************
【あらすじ】
2009年、ワイオミングにある政府の極秘機関マンティコアと呼ばれるDNA研究所から、
12人の少年少女たちが脱走。ここで生まれた彼らは、戦闘マシンとして特殊軍事教練を
受けて育ったジェネティック(遺伝子操作人間)だった。
その中のひとり、マックスは脱走当時9歳。
10年後の2019年、テロリストの電磁波爆弾で荒廃したシアトルに身を潜め、
昼間はメッセンジャー、夜は泥棒稼業をこなしながら、かつての自分の仲間を探し続けている。
そんな彼女が、ある夜高価な美術品を盗もうと侵入した家の住人が、
反政府レジスタンス運動を続けるジャーナリスト、ローガン・ケイル。
彼には、政府高官の汚職や警察の不正を暴く、違法電波ジャック「アイズ・オンリー」と
いう裏の顔があった。
マックスの正体を知るローガンは、仲間を探す約束をする代わりに自分の正義活動の
手伝いをして欲しいと持ちかける。そんなマックスの背後には、脱走したマンティコアの
指揮官である、ライデッカーの手がすぐそこに迫っていた。
追う者、助ける者、さまざまな人物が入り乱れながら、マックスは腐敗した
近未来社会との戦いを始める。
***************************************************************************************************
派手なアクションや、ストーリー的にも面白かったのですが、不運にもシーズン2と
911同時多発テロが重なり、「テロによって崩壊し混沌とした近未来」という社会設定での
内容展開に影響を及ぼし、ミュータントが多く登場するストーリー展開を余儀なくされてしました。
おまけに、放送時間帯のTV局サイドの戦略が裏目に出てしまい、視聴率は低下。
加えて製作に、ケタ外れの費用がかかるとくれば、そこはホラ!海外ドラマお得意の、
ハイ打ち切り。
テレ朝での放送も、シーズン2の数話でゴールデン枠での放送から、
深夜へ変更されちゃいました。

主人公マックスを演じた、ジェシカ・アルバは1000人以上の候補者の役から抜擢。
一躍世間にその名が知れ渡りました。以前から脇役での映画出演はありましたが、
ドラマ終了後には初主演映画も公開され活躍。 
最近は子育て(女の子2人)に忙しいのか、あまり映画では見かけません。
ちなみに、ローガン・ケイル(=アイズ・オンリー)は、今やNCISのトニー・ディノッゾ役以外に
思い浮かばない、マイケル・ウェザリーが演じています。
ローガンとトニー、あまりにキャラにギャップがありすぎて、初めてNCISを見た時は
なんとなくショックでした。

         ジェシカ&マイケル.jpg
     (当時実生活では、婚約していたジェシカ・アルバ&マイケル・ウェザリー)

実はDVDコレクターズBOXを購入した、初ドラマが「ダーク・エンジェル」なんです。
しかも、当時コレクターズBOXの1がアマゾンほかネットショップや店頭のどこを探しても、
「在庫なし&入荷状況未定」状態。やっとの思いで、探して手に入れました。
そんな事があったので、シーズン2は迷わず予約購入。 
その時は深く考えていなかったけど、ボックス1つが、諭吉さん1人と野口さん2人分。
それがシーズン1&2、ボックス全部で4つ。 恐ろしや~~~( ̄ω ̄;) 
今じゃ、コンパクトBOXとか言って半額以下で買えちゃうし、あの苦労は一体・・・。

海外ドラマのDVDは、忘れた頃に買おうと深く心に刻んだ、あんじーなのでした。

           DarkAngel.jpg
【ダーク・エンジェル 原題:Dark Angel】
USA 
Season1 2000/10-2001/5 FOX - 22 episodes
Season2 2001/ 9-2002/5  FOX - 21 episodes
日本での放送はテレビ朝日系列にて
シーズン1 2002/7-10月 最終2話分2002/11/3
シーズン2 2002/11-12月ゴールデン枠・2003/1-3月深夜枠

過去にハマった海外ドラマ その②【ロズウェルー星の恋人たち】 [海外ドラマ・映画]

2000年代前半当時、あんじー家ではまだBSとかCS放送が見れる環境ではなく、
海外ドラマと言えば、もっぱらNHK総合か教育での放送が頼みの綱でした。

そんなある日、NHKで偶然見た「ロズウェルー星の恋人たち」の番宣。
「きゃーっ♪おもしろそう ヾ(≧∇≦*)〃」でも、「どーせNHK BSでしょ?」って
諦めてたら、NHK総合で放送って言ってるじゃん。
見る見るーっ!・・・と放送開始から1エピソードも欠かさず見ていました。
このドラマが、海外ドラマで全エピソードを初制覇(←全部見たと言いたい)した作品です。

***************************************************************
【シーズン1のあらすじ】
 『UFO墜落現場として世界的に有名な町、ニューメキシコ州ロズウェル。
その町に住む高校生のリズはある日アルバイト中に発砲事件に巻き込まれ、
瀕死の重傷を負ってしまうが、たまたま居合わせた同級生でリズに密かに思いを寄せている
マックスの不思議な力によって、命を助けられる。
この事件をきっかけに、マックスは自らの正体をリズに明かすハメになり、リズをはじめ
彼女の親友マリアとアレックスも実はエイリアンが身近に存在する事を知ってしまう。
だが墜落で生き残ったのはマックスだけでなく、妹のイザベルと彼らの友人マイケルもまた
エイリアンだった。
次第にマックスは極秘調査を続けるFBIや保安官に追われるようになり、6人は協力し、
次々に起こる事件を切り抜けていく。』
シーズン終盤には、敵対する宇宙人も出てきて以降シーズン2&3に続きます。

****************************************************************

      
               (あまり画質はよくありませんが。。。)


アメリカでは、視聴率の低迷によりシーズン2で打ち切りが検討されたけど、
熱狂的なファンの抗議により、TV局を変えてシーズン3が続投。
それでも視聴率は伸び悩み、一時はSci-Fiチャンネルが放送権を獲得してシーズン4制作?
との噂もあったけど、結局実現ならずシーズン3で放送終了。

確かシーズン2の終わりあたりで、マックスが故郷の星に帰るとかになった時に出てきた、
宇宙船?みたいなワープ出来る乗り物が打ちあがった時の質素なこと Σ( ̄ロ ̄lll)
もう少し費用かけても・・・。

このドラマは、キャストにも音楽にもハマりましたよ~。
お気に入りは、マリア&マイケルのM&Mカップル。当時、実生活でも付き合っていましたが
今ではお互い別の人と結婚して、既に子持ち。
そう言えば、マックス役のジェイソン・ベアと妹役のキャサリン・ハイグルも
当時は付き合ってたっけ。

ダイド(Dido)の「HERE WITH ME」が主題歌で、Didoのアルバムも買ったし、
ROSWELLのサントラも買ったなあ~~~(。ノω\。)゚

放送と同時に何かの拍子で見逃してはいけないと思い、ビデオに録画もしていました。
しかも画質が気になって、倍速ではなく標準モードで1本に2話ずつで録画。
それが全61話分。未だにそのテープは処分しきれずにいます。
DVDが出ているので、そちらを購入すれば場所を取らずに整理出来るのでしょうが、
DVDとTV放送では、著作権の問題で使用されている音楽が違うとか聞くし・・・。

大掃除をするたびに、このビデオテープの保管場所の確保に頭が痛い、
あんじーなのでした。

                  (Season2 メインキャスト)
        RoswellCast Season2.jpg

【ロズウェルー星の恋人たち 原題:Roswell 】 
US    1999-2002
Season 1 1999-2000 The WB   22 episodes
Season 2 2000-2001 The WB    21 episodes
Season 3 2001-2002 UPN     18 episodes
日本での放送は NHK総合テレビ 2001/5-2002/10 全61話


前の10件 | - 海外ドラマ・映画 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。