So-net無料ブログ作成
フィギュアスケート ブログトップ
前の10件 | -

Rostelecom Cup 2014 [フィギュアスケート]

GPシリーズも4戦目。サプライズ待ってました~(*´▽`*)
女子シングルで今季シニア参戦したばかりの、本郷理華ちゃんが
SP2位から逆転優勝!スゴイスゴイ\(^o^)/

ネットでISUのLive Resultの表示が切り替わるのをドキドキしながら見てた・・・。
SP3位と出遅れたロシアのポゴちゃんがFS終わってトップに立ち、トップとの差が
113.××(←小数点以下忘れた)。理華ちゃんのSBがスケートカナダで出した、
112.37だったので、優勝するにはSBを上回る点数を出さなければトップに立つ事は
出来なかったのですが見事FS118.15とPB更新し、後に滑ったカナダの選手がFS3位と
振るわず、理華ちゃんGPシリーズ初制覇です。

           Rostelecom.jpg
                   【ガッツポーズ力強いわ~】

今回は金メダリストのアデリナちゃんがケガで欠場、スケートカナダで優勝したポゴちゃんも
調子がイマイチ。そこにスケートカナダで5位に入った理華ちゃんが無欲(←たぶん)の勝利
だったんだと思います。


背が高くて、ジャンプの迫力がピカイチ。腕の振りが「ブンブン」って感じなのと、猫背姿勢が
気にはなりますが、スケートカナダの時よりどちらも多少改善されていた感じがします。
スピンのポジションからして、ちょっと柔軟性が・・・。って感じかな?
全日本の結果にもよるけど、ひょっとすれば今シーズン世界選手権にも出れちゃうかも。
楽しみです。

          Rostelecom Cup.jpg

男子シングルではSP3位に入った、たかちゃんが久しぶりの台ノリか?と期待してたのですが
FSで4回転を失敗、その他のジャンプもいくつかトリプルがダブルになってしまい結果FS7位の
トータル6位。こちらはちょっとガッカリちゃん(´゚д゚`)
どこか故障しているのかなぁ?ジャンプが決まれば、滑りはとってもなめらかでキレイなんだけど
ここ数シーズン4Tに苦戦していて精彩に欠ける感じ。
男子は複数種の4回転が跳べないと、上位に入るのが厳しくなってきている状況なので4Tに
苦戦しているようだと、台ノリは遠いのかもしれません。
たかちゃんは全日本の結果次第で、ワールドの出場が危ういかも。
復活のたかちゃんを見てみたいですが、まっちーも無良くんも勢いあるからなぁ~。

今週末はTrophee Bompardです。日本からはまっちーと遥ちゃんがエントリー。
2人ともガンバレ~♪


ロステレコム杯の成ちゃん&龍一くんペアについて書くのを忘れてしまった、
あんじーなのでした。





おつかれさまでした [フィギュアスケート]

昨日、フィギュアスケートの村主章枝さんが現役引退表明。。。
2014年は引退する人が多くて寂しいわぁ~(´・ω・)

         SALTLAKE.png
                 【SALT LAKE CITY】

アラサーの彼女「オリンピックにもう一度・・・」と思って頑張っていたのでしょうが、
近年は東日本の大会で上位に入れず、全日本に出場出来ない状況が続いていたので
フィギュアファンとしては、村主さんの結果を耳にするたび「なんだかな~」って思っていました。

トリノのFSは本人も納得の会心の演技だったけど、銅メダルのスルツカヤと僅か1.26差の4位。
素人目には、FSで転倒があったコーエンより演技がまとまってて良かったんだけど・・・。

正直トリノでメダルが取れていれば、ここまで現役生活を続ける事はなかったと思います。
それを考えると「ちょっぴり引退時期を逃した感」があって、いつ引退するのか気になってた。
ひょっとして40になるまで続けちゃう?と思ったけど、やっぱりそれは無かった。(;´∀`)

彼女の演技には、まっちー以上の独特な世界観があって、よく「村主ワールド」とか
「氷上のアクトレス」とかって言われるけど、本当に表現力が印象的だった。
コスチュームも人とはちょっと変わっていて、目の横にティアドロップ型のストーンつけたり、
パンツスタイルを取り入れたり、「演技のためなら何でもします」みたいなところあったっけ。

           F.Suguri.png

一番印象に残っているのは、2005-2006年シーズンの全日本選手権。
シーズン前半股関節の故障が影響して、五輪選考ポイントが最下位だったのが、
ポイント最終獲得の場で優勝し見事な逆転で、トリノオリンピック代表に。
あの時FSが終わって祈るように手を組んだ彼女の口元が「神様・・・。」とつぶやいた
シーンが今もしっかり心に残っています。

       2005全日本.png
                  【2005年全日本選手権表彰】

出来ればオリンピックといかないまでも、全日本の上位成績で現役生活に幕を下ろして
欲しかったのですが、本人も満足しての引退なので良し!としましょう。

ひとつ「ムムッ」と思ったのが、本人のブログに
「一般サラリーマン家庭でお金のかかるフィギュアを続けさせてくれて・・・」と両親へ感謝の
言葉があがっていたのですが、確かお父様は日本航空の国際線パイロット?
一般と言うのとは、ちょっと違うかも?

今後は振付師として競技に関わっていくとの事なので、ご活躍をお祈りします。
長い間本当にお疲れ様でした。


書いてる途中で「プリン」が食べたくなった、あんじーなのでした。


GPシリーズカナダ大会&中国大会 [フィギュアスケート]

シーズン真っ只中で毎週末に大会が開催されていますが、先週のカナダ大会と
今週の中国大会をちょっぴり振り返り・・・。

先週のSkate Canada では、男子シングルでは無良くんが優勝、
さとこちゃんが3位と大健闘。
特に無良くんは本人も納得のFSでスコアが出るとキスクラで男泣き(*´Д`)
昨年大事なオリンピックシーズンに思うような結果が残せずに、本人も悔しい思いをしただけに
この優勝で自信も取り戻しただろうし、今後の活躍に期待です。

女子はSP4位からの追い上げで表彰台乗りした、さとこちゃん。
SPの可愛らしい振付とは違った、FSでは指先までしなやかでミス・サイゴンの音楽に合わせた
アオザイ風の赤いコスチュームがとってもお似合い。
16歳の頃の真央ちゃんは、勢いよく腕をブンブン振ってたけど、
さとこちゃんはとってもしなやか( *´艸`)ロシア娘達もそうですが、最近は若い子でも
振りが上手で本当に指先で表現出来てたりするから、ビックリです。
小さい背丈が災いしてかジャンプの回転不足を取られてしまいやすいのが、
ちょっぴり残念ですが技術がある選手なので、こちらも徐々に克服していくと思います。

    SCI.png

で、色んな事があった Lexus Cup of Chinaですが、まずは女子シングルから。
SPでトップに立った、リプニツカヤが順当に優勝するかと思いきやFSでらしくないジャンプの
ミスを連発しFS4位の総合2位。キスクラでは泣いちゃってました。
そして今シーズン勢いのある、リーザちゃんがSP2位からの逆転優勝。カナコは3位と健闘。

シニアデビューのシーズンを華々しく飾ったリーザちゃんですが、体型変化やケガがあり
2シーズン前と昨シーズンは成績が振るわず、挙句のはてにオリンピック代表からもれて
しまい随分と悔しい思いをしたのでしょうが、今シーズン滑るたびにPB更新と勢いはピカイチ。
ロシアの選手はどの選手も表現力がずば抜けていると思うけど、中でもリーザちゃんの表情は
レオノワ選手に匹敵するものが・・・。ふっくらして戻ってきたけど、軽々跳べるしスゴイ。
ファイナル1番乗りで、演技に一段と磨きをかけてファイナルに戻ってくるんだろうな~。

         トゥクタミシェワ.jpg

そして男子は6分練習の間にアクシデントがあったわけですが、結局2人とも棄権せずに
FSを滑りきりました。猛スピードで激突したのですから、相当なダメージを受けたと思います。
あの場は無我夢中だったので半ば強引に出たのでしょうが、終わって「ホッ」とすると同時に
あっちこっち痛みを感じて今頃は大変なのではないでしょうか?
強制的にストップをかけられないらしいので、最終的に本人の決断によるところであの状況では
誰も止められなかったのでしょう。終わってしまったことなので、もうどうすることも出来ませんが、
2人とも深刻なケガでなく、今後の選手生活を後遺症に苦しむことがない事を願わずには
いられません。
少なからず過去にも練習中の衝突事故は起きているので、ISUには安全性について是非
再検討して欲しものです。

この大会、男子も女子も銀メダリストがaward ceremonyに現れなかったらしいのです。
ゆづはあのケガなので仕方がないでしょうが、リプニツカヤはどうしちゃったのでしょう?
何でも表彰式の事を忘れて宿泊先に戻ったらしいのですが・・・あり?\(゜ロ\)(/ロ゜)/オロオロ

スケートとは関係ないけど、 Lexus と言えばアノCMにすっかり魅了されている
あんじーなのでした。(そのCMはコチラ ↓)

        

2014-2015シーズン到来! [フィギュアスケート]

今年もいよいよ「ISU Grand Prix of Figure Skating Series」が開幕。
今シーズンは国内外ともに、これまで活躍してきた選手が引退や休養中で、
なんとなく盛り上がりに欠ける感じ・・・。
唯一盛り上がっているのは、女子シングルのロシア勢かなぁ~( ̄д ̄)

さて、シリーズ初戦はシカゴで開催の"Hilton HHonors Skate America"
現地時間10/24(金)にスタート。

       2014Skate Amerika.jpg


早速、男子シングル圧巻の演技で、まっちーがSP首位に立ちました(≧▽≦)/キャーッ♪
1人だけシーズン開幕したての初戦とは思えない滑りと気迫だったわ~。
       
で、ちょっぴり気になったのですがSPの出だしのポーズ、"お尻のぷりっと感"
昨年のSP『エデンの東』と被ってないですか?
手と足のスタイルは違うけど、姿勢が・・・。 まっちーこのポーズ好きなのかなぁ?

        【昨シーズン】
 
      2013T.Machida.png

        【今シーズン】

      T.Machida2014.png

あれれ?何だか衣装も白にシルバーのスパンコールで被ってるし・・・。
大きく変わったのは髪形かも( *´艸`)
FSは「ベートーベンの第九」との事で楽しみ。この勢いでぜひスケアメ連覇達成してほしいです。

さらに嬉しいのは、ペアショートで川口/スミルノフ組が首位。
昨シーズン、大事なオリンピックシーズンにスミルノフのケガがあり、このまま引退しちゃうのかな?
と心配していたのですが、競技会に戻ってきてくれて本当に嬉しい。

女子ショートには、以前から個人的に注目している今井遥ちゃんがエントリー。

           2014.H.Imai.png

3S+3Tのコンビネーションは決まったようですが、3LoでミスがありSP8位。

スピンもきれいで、とってもエレガントな滑りで素敵なんだけど、なんだかいつもジャンプの失敗が
目立つ感じで、本当に残念。メンタル部分の問題かなぁ?
他の選手のような「ガツガツ」した部分が試合であまり感じられない・・・。
今シーズンは、カナコみたいに「ガッツリ」食らいついて上位に食い込んでいって
盛り上げて欲しいわ~FSでの巻き返しに期待します☆☆☆


男子FSで、どんな「まっちーワールド」が展開されるのか期待が高まる、
あんじーなのでした。



日本男子フィギュア一時代に幕 [フィギュアスケート]

めざましテレビで”高橋大輔引退表明”の速報が流れ、
「ついにその日が来たのね~(T_T)」とガッカリした昨日の朝。
午後には記者会見も開かれ「本当に引退しちゃうんだあ」と実感しました。

振り返ってみて、トリノオリンピックの頃は大ちゃん正直言ってあまり好きではありませんでした。
発言も強気なところがあったし(アスリートとして必要なことかもしれませんが)、
髪形も「な~んか勘違いしてない?」みたいだったし。
『ナルシストなチャラ男め』って思っていました。(←すみません)
トリノではSP5位と好位置につけた途端に、マスコミが「メダルメダル」と騒ぎたて
期待を高めちゃったのが、結局は8位に終わっちゃってより一層惨敗感を助長した感じで・・・。
全然いいイメージがなかった。

でもそれ以降の2006-07シーズンからは、表現力にどんどん磨きがかかって
まさしく目が離せないスケーターと変わっていきました。
髪形や衣装も「織田くんだったらムリだけど、大ちゃんだから、まっいいか・・・。」と
許せるようにもなったし(笑)
世界と対等に戦える男子フィギュアが見れるようになったのも、大ちゃんや織田くんのおかげだと感謝。
トリノでは出場枠が1だったのに、バンクーバー・ソチともに3だったし、本当にスゴイ事だと思います。

今後、複数種の4回転ジャンプを跳べる選手が多数出てきたとしても、
あれだけの表現力をもって演技ができ、曲が始まると同時に会場全体を氷上に釘付けにして、
独特な空気感を作り出せる選手は、もう2度と現れない気がします。

引退することは本人の意思なので、それについて何も言うことはありませんが、
ただ1つフィギュアスケートファンとして心残りなのは、日本で行われる競技会を最後に
暖かい大歓声の中で選手生活を終えて欲しかったな~という気持ちがあります。
大ちゃんとしては、ソチで出し切った感があるのでしょうがファンとしては1つ出しきれて
いない感が否めない、不完全燃焼な感じかなぁ~。

ケガが多い中、これまで日本男子フィギュアの牽引本当にお疲れさま。
そして、たくさんの感動をありがとう。。。

          D.TAKAHASHI.jpg


「プル様のように、いつでも現役カムバック待ってまーす。」と心の中で叫んでいる、
あんじーなのでした。


世界選手権2014-Day4 [フィギュアスケート]

世界選手権もいよいよ大詰め。
大会4日目は、アイスダンスFDと女子シングルFPが行われました。

前日のSDでフリー進出を決めた、アイスダンスから・・・。

      キャシー&クリスWorld2014FD2.jpg

今季はクリスの膝のケガがあり、思うように練習もままならなかった様子で、
2人にとっては苦しいシーズンだったと思います。今大会の結果は18位でしたが、
オリンピックで演技できなかったフリーを滑る事が出来て本当に良かったヾ(^∇^) 
それにしても、キャシーは原色系がお似合いです。
ケガの事があるので、来季のことはお医者さんにもよく相談してとの事ですので、
もしかしたら、休養に充てるのかも知れません。まずは、じっくりケガを直して下さい。

そして世界女王が決まった、女子シングル。

      セレモニーWorld2014女子シングル.JPG

優勝 浅田真央216.69 /2位 ユリア・リプニツカヤ207.50 /3位 カロリナ・コストナー203.83


SPで10位と出遅れたカナコは第3グループでの滑走。

       かなこWorld2014FS2.JPG

転倒などの大きなミスはなかったけど、SP同様にFSでもジャンプの回転不足を
取られてしまい、得点も伸びませんでした。
演技終了後は「ホッ」とした感じの笑みがこぼれましたが、キスクラに戻って満知子先生の
隣に座りスコアを待っている時の表情は、今にも泣き出してしまいそうでした (>_<。) 
今季はSPの曲を変更したり、思ったように結果が出ない大変なシーズンだったと思います。
この経験を生かして、来季はさらにレベルアップ!ガンバレ、かなこ (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

そしてついに現役最後のフリーを迎えた、あっこちゃん。

        あっこちゃんWorld2014FS2.jpg

冒頭の3連続ジャンプで、3ルッツがダブルになった時には「ドキッ」としましたが、
その後大きく崩れる事はなく、滑りきりました。
あっこちゃんもアクセル-トゥでダウングレードがあったり、フィリップでアンダーを取られたりと
回転不足をちょこちょこ取られてしまい、スコアは思うように伸びませんでした。

あっこちゃんは、毎回演技後も印象に残る選手でリンクの上に落ちた花びらを拾ったり、
深々とお辞儀をしたり、そのような立ち振る舞いを見て素晴らしい人だわぁ~~と毎回
色々な事を考えさせられます。
新たなことにチャレンジするのに年齢は関係ない。。。と身をもって教えてくれましたし( 〃∇〃)
おつかれさま、そしてありがとう あっこちゃん。

      あっこちゃんWorld2014FS3.JPG


そして今大会メダル争いの本命、カロリナちゃんとリプニー。

      カロリナWorld2014FS.JPG

緊張があったのか、今シーズン見ないような3回転が2回転になってしまうジャンプが
多かったカロリナちゃん。彼女もこれがラストとなる演技かもしれなかったので、残念。
本人も終わった時に残念そうな表情でした。FSは6位でしたが、トータルは203点を超え
3位表彰台です。よかったよかった。


      リプニツカヤWorld2014FS2.jpg

脅威の柔軟性、リプニツカヤ。
先シーズンにシニアデビューした時、あの柔軟性と表情の無さ・・・
「ひょっとして、サイボーグか?」と思ったほど。でも、今シーズンは笑顔のリプニツカヤを結構
見た気もします。今大会は特に多かったような。きっと本人も満足のいく演技内容だったのかも。
FSはこれまたあまり見かけない、サルコウで転倒。きっと緊張してたのね~。
ミスを最小限にとどめ、2位と順位を上げました。

そして4年ぶり3度目の優勝、真央ちゃん。

      まおWorld2014FS1.JPG

3アクセルと、続く3-3の3F+3Loはフィリップでアンダーを取られてしまいました。
3-3ちょっとジャッジ厳しい気もする・・・。ルッツのエッジエラーみたいに変な先入観ないかなぁ?
それにしても、2A でバランス崩した時にはドキッっとしたよぉ。
後ろに3T付けられなくて残念。クリーンな2A+3T見たかったなあ。
4年ぶりでの優勝。これってまさに、バンクーバーからソチに向けて見直してきたことが
花開いたって事でしょー。ヽ(*^∇^*)ノ やっぱりすごい。
メダルを信夫先生にかけてあげてた真央ちゃんが、印象的でした。

       まおWorld2014FS2.jpg

早速、引退か続行か?について聞いてたメディアもいましたが、そんな終わったばかりでねぇ~。
1番気になるところではあるけど、なんてデリカシーの無い・・・。(il`・ω・´;) 
本人がゆっくり考えて決めればイイことだし。とにかくエキシビション後はゆっくり休養して下さい。

本音を言えば、真央ちゃんに「この曲で(競技会で)演技してもらいたいなぁ・・・」と思う曲が
まだまだ山ほどある、あんじーなのでした。





世界選手権2014-Day3 [フィギュアスケート]

フィギュアスケート世界選手権の大会3日目は、
アイスダンスSDと男子シングルFSが行われました。

では、さっそくアイスダンスSDから・・・。もちろんC&Cリード組

      キャシー&クリスWorld2014.jpg

オリンピックではFDへの進出を逃した彼らでしたが、シーズンベストを更新し、
自己ベストに近い55.18が出て14位。フリーへ進みました。
よかったよかったヾ(*・∀・)/ 
クリスの膝の具合も気になりますが、今回は調子もまずまずのようで、フリーでは
オリンピックの分まで頑張って、1つでも順位を上げて欲しいと思います。


そして男子シングルはついに、世界王者が決定(゚∀゚屮)屮

      セレモニー.jpg

優勝 羽生結弦 282.59 /2位 町田樹 282.26 /3位 ハビエル・フェルナンデス 275.93


表彰台に上がった3人の中では滑走順が最後だった、フェルナンデス選手

      ハビエルWorld2014FS.jpg

前の2人が、大きなミスなく高得点を挙げプレッシャーがかかる滑走順だったのですが、
大きく崩れる事もなく、4回転も3本入り素晴らしい演技。
後半の3Lzがシングルになってしまった、1Lz+2Tのコンビネーションがもったいなかった。


大会初日のSPで首位に立った、町田くん。

      まっちー.jpg 

優勝が目の前に「チラチラ」する中での、FSはまさにプレッシャーとの、
そして自分自身との戦いだった事でしょう。
いくつか着氷が乱れるジャンプはありましたが、転倒や演技が大きく乱れることは無く、
本当にスゴかった。
PBを10点近く更新する見事な演技で、トータルのPBも17点近く更新。
初めて手にした出場切符で、素晴らしい結果を残した町田くんに大きな拍手~~~ヽ(^∀^)ノ
あ、ちなみに「火の鳥」の衣装ですが、正直2着ともあんまり変わらないけど、
どちらかと言えば今日の方が好きです。

そして、『GPファイナル・オリンピックと世界選手権』の3タイトルがかかった、ゆづ。

       ゆづ.JPG

演技前に、先に滑った町田くんのスコアを知っていたのかは分かりませんが、
とにかくこちらも、プレッシャーはスゴかった事と思います。
冒頭の4サルコウが決まれば、逆転優勝いけるかも?と思ってたけど、その通りに
なっちゃいました。
演技後はいつも同様、息が上がってキツそうでしたが、今大会のFSはいつもに比べると
最後までスタミナは切れてなかった感じ。本当に「気合っ」で乗り切ったんだろうなあ~。
気合十分伝わりました。優勝、そして3冠おめでとー(*^∇^*)ノ*

オリンピックメダリストの出場者は、ゆづだけだった男子シングル。
でも今大会、スコアを見てもかなりハイレベルな戦いだった。
そんな中でのワンツーは、本当に見事です。

願わくば「51年ぶり初出場初優勝」と「3冠達成」の両方ともに、見てみたかったと思った
超欲ばりな、あんじーなのでした。


世界選手権2014-Day2 [フィギュアスケート]

さいたまスーパーアリーナで開催中の「フィギュア世界選手権」は、大会2日目。
ペアFSと女子シングルSPが行われました。


まずは、ペアFSから・・・。

       pair.jpg

ペアでは、ドイツのサブチェンコ&ゾルコビー組が5度目の優勝。
こちらのペアも今季限りでの引退を表明していて、今大会が現役最後の演技となりました。
ほとんどの主要な大会で金メダルを獲得しているのですが、オリンピックでの金メダル獲得を
目指したソチでも、残念ながら銅メダル。
まっ!オリンピックは巡り合わせみたいなとこあるし、それより世界選手権5回の優勝って
スゴイです。

女子シングルは、カナコから。

         Kanako World2014.JPG

今日のカナコは勢いがあるというより、ちょっと焦って滑っているって感じだったかな?
ジャンプで回転不足がいくつかあって、思うように点数が伸びなかったところが本人も
悔しかったはず。10位と出遅れましたがFSでの挽回に期待してます。

そしてついに現役最後のSPになってしまった、あっこちゃん。

         あっこちゃんWorld2014.JPG

演技後は感極まって「うるうる」。全て出し切れたSPで本当に良かったです。
3-3もキレイに決まって見ていて、ホッとしました。得点もPB更新の71点代で素晴らしい。
オリンピックでは赤のコスチュームでしたが、個人的には今日の紫の方が「愛の賛歌」には
合っている気がします。FSでも満足いく演技が出来る事を願っています。

やっぱり海外勢では、順当にこの2人が・・・。

カロリナWorld2014.jpgリプニツカヤWorld2014.jpg

カロリナちゃん。日本の3人娘と同じ組の第5グループでの滑走でした。
ジャンプも安定していて全く危なげないし、なんと言っても「アベマリア」の曲にピッタリ合っている
雰囲気が独特の世界を作り出していて、とても美しいです♡
演技構成点では10点満点つけてるジャッジも数人いたし、スゴ過ぎ。
彼女は本当に性格も「いい子ちゃん」のようでして、非の打ち所がありません。

一方、クールなイメージのリプニー。やっぱりまだ15歳だわぁとお姉さん達の演技の後に
見ると余計に思いました。ノーミスで得点もPB更新(滑る度に更新している気もするけど)に
今日はご機嫌さんだったみたいで、インタビュー中も珍しく笑顔が多かったし。
クールが売りなんでしょうが、にこちゃんの方がもっとかわいいんだけどなーヾ(・ω・`;)ノぁ


そしてついにやりました。真央ちゃん♪
SP歴代最高得点にてPB更新。

         MAOWorld2014.JPG

冒頭の3Aは見ていて、吐きそうなくらいドキドキしたよお~。
いつもは3A決まったら「よしっ!今日はいける」と安心して見れるのですが、
でもなんだか今日は、後半のコンビネーション決まるまで気が抜けなかったし。
3AにはGOE1.86の加点がついてたけど、なんかジャッジの1人が-1つけてる人いて、
意味不明( ̄^ ̄) でも、単独のジャンプで10.36ってスゴイのねやっぱり3Aって。
SPとFSのノーミス、是非この世界選手権で成し遂げて欲しいです。

それにしても、毎年スコアがどんどん上がっているから凄い。
後半ジャンプ1.1倍ルール改定の影響もあるのでしょうが、それ以上に高難度の
プログラム構成になってきているのだと思います。数年前はSP50後半~60点台で
表彰台争いだったスコアが、今大会では1-5位までが70点台。
演じる選手の皆さんは本当に大変だと思います。

さてさて、明日はいよいよ男子シングルFS。「ゆづの逆転優勝で3冠なるか!」で、
ちまたは盛り上がっていますが、えーっとヽ(*`・ω・´)ノ まっちーの事も忘れないでっ。

      Mao&Nobuo.JPG

キスクラで真央ちゃんの横にいる信夫先生がなんだか「おじいちゃん」ぽくて、
毎回とても「ほのぼの」気分になれてしまう、あんじーなのでした。



ISU World Figure Skating Championships 2014開幕! [フィギュアスケート]

いよいよ今シーズンのフィギュアスケートを締めくくる、世界選手権が開幕しました。

     world-fs-champs-2014-logosmall.png

世界選手権の日本開催と言えば、2011年に開催予定でしたが震災の影響で、
急遽モスクワに開催地が変更となったのは、記憶に新しいところ。
今季はオリンピックシーズンだった事もあり、国内外を問わず多数の選手が
今大会を最後に競技生活からの引退を表明していて、本当に寂しい限りデス(*T ^ T)

加えて、オリンピックに照準を合わせてきた選手が多く、毎回のパターンですが
オリンピックのメダリスト(=いわゆるトップ選手と呼ばれる)が出場していないのも、
ちょっぴり華に欠けるところ。
それでも日本女子からは「3人娘」も出場するし、海外の選手も豪華なんですけどね。

さて、大会1日目は「ペアSPと男子シングルSP」が行われました。

      成&龍World2014.JPG

ペアでは、成美ちゃん&龍一くんがあと1組というところで残念ながら、
FSの進出を逃してしまいました。
が!いいんですっ。ペア結成1年の今季はこれで十分。
来シーズンに乞うご期待・・・と言うことで。


      こづこづ2World2014.JPG

男子シングルSP日本選手1番登場は、大ちゃん欠場に伴い3週間前にエントリーした「こづこづ」
なんだか、緊張のせいか少し動きが硬かったかなぁ。4回転は両足になりましたが転倒は無く、
プログラムを上手くまとめました。さすがです。
髪の毛が「モンチッチ」みたいになってたよ~。( ̄∀ ̄)アハッ


      ゆづWorld2014.JPG

だけど緊張が1番伝わったのは、「ゆづ」。オリンピック金メダリストとして迎える今大会は、
やっぱり「プレッシャーとの戦い」と言った感じ。今シーズン1度も失敗する気がしなかった、
SPの4回転で転倒。でもこれで、ある意味開き直れてFSに挑めるのでは?とも思います。

         町田くん2World2014.jpg

そして何と言っても、今日は町田くんDAYでした。
いつも以上に気合のこもった演技。見ていて危なげなかったし、素晴らしかった。
スコアも98.21ヽ(*^∇^*)ノ まさに圧巻だったよ~。GOE全てで加点。ジャンプは、
4T+3Tと3Aだけで、27.75もあったし。
1位で折り返す、FSは自身プレッシャーとの戦いと思うけど、パーフェクトな『火の鳥』を
是非見てみたい。そして世界選手権初出場にて初メダルを手にした後の、哲学的コメントを
期待しています。
   
   FSは最終グループ、町田くん19番、ゆづ21番、こづこづ最終滑走の順。
それにしてもビックリしたのが、放送中データボタンで「プロトコル」が見れるようになってた。
やるじゃん、フジテレビ。

大会2日目は、女子シングルSPですっ( 〃∇〃)
女子シングルの事を考えると、たぶん選手以上に緊張してドキドキしてしまう、
あんじーなのでした。


   

「プラチナ」級の感動 [フィギュアスケート]

真央ちゃん
ただただ呆然のSPから一夜明けての、フリースケーティング。
あまりに悲痛で、正直LIVE中継で見る勇気がありませんでした。
朝起きると、世界中が歓喜の渦。

バンクーバーからの4年間が、どれほど過酷で辛い日々だったのかと思うと、
ソチではなんとかご褒美に、金色に輝くメダルを取らせてあげたいと心から
願っていました。

だけど真央ちゃんには、またもやられてしまいました。
メダル以上に輝く美しい物を、日本中いえ世界中の人に与えてくれたのです。

MaoFS2.JPGMao.FS.JPG

『オリンピックで最後の最高の演技を・・・』 有言実行の真央ちゃん、
感動をありがとう。


前の10件 | - フィギュアスケート ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。